1万ウォンで楽しむ慶山市場グルメツアー

 

韓国の市場は人々の生活に密着した活気あふれる雰囲気、多様な商品を手ごろな値段で購入できることで、観光客にも人気の旅行スポットのひとつです。買い物だけではなく、熱々の湯気をあげてできたばかりの料理を食べるのも市場の楽しみ方のひとつです。
今回は、慶尚北道慶山(キョンサン)市にある「慶山市場」で、たった1万ウォンでお腹いっぱい食べられる「1万ウォンの幸せ♡慶山市場おすすめグルメツアー」をご紹介します!

慶山市場のゲート

「慶山市場」は5日と10日に市場が開かれる5日市です。KORAIL慶山駅からバスで約15分、大邱(テグ)からは地下鉄とバスを乗り継いで約1時間ほどです。(アクセスの詳細は後半でご紹介します)
慶山市場に着いて、まずは腹ごしらえをするために、慶山市場で有名なボリパブ(麦ご飯)を食べました。パンガボリパプ(방가보리밥)というお店。

「パンガボリパブ」というお店

メニューはこちらです。ボリパブのほかに麺類、お酒のおつまみなど多種類のメニューが書かれていました。

メニュー

注文したボリパブは1人前5,000ウォンです。バンチャンは、焼き魚が2種類(タチウオとサンマ)、水キムチ、焼いたスパム、湯通しした白菜とキャベツ、ワカメ、そしてそれをつけて食べるチョッカル(塩辛)です。

素朴ですがおいしいバンチャン

熱々のテンジャンチゲも出てきました。豆腐や長ネギ、えのきなど具もたくさんはいっていました。

テンジャンチゲ

テンジャンチゲは 一口食べてすぐの違いがわかるくらいソウルで食べるのとは少し違った味であることが印象的でした。テンジャンの臭みはまったくないながらもコクがあって深い味わいでした。
そしてこちらがボリパブです。サンチュ、セリ、もやし、大根、ぜんまいなど数種類の野菜がたっぷりと盛られてきました。

野菜たっぷりのボリパブ

たっぷりの野菜とご飯を混ぜます。混ぜる時はスプーンよりも箸で混ぜた方がよく混ざるそうです。

スプーンよりも箸で混ぜるのポイント

まんべんなく混ざったら食べる時はスプーンでもりもりによそってほうばりましょう!

野菜たっぷりで食べ応えありのボリパブ

コチュジャンは思ったよりも辛くなかったので、しっかり混ぜて食べても大丈夫。辛いのが苦手な外国人もおいしく食べることができます。
野菜たっぷりのボリパブのビビンバ、素朴ながらもついつい箸が進んでしまうバンチャン、コクの深いテンジャンチゲ。お昼ご飯として食べるにはピッタリの量でお腹も満たされ、これでたったの5,000ウォン(1人前)というからおトク!ソウルでは5,000ウォンでは食べられない値段です。

パンガボリパブ(방가보리밥)
住所:慶尚北道 慶山市 中央路 16キル 25(三北洞266-14)경산시 중앙로 16길 25 (삼북동 266-14)
電話番号:053-816-8396
お昼ご飯を食べたら次はおやつの時間♪韓国の市場のおやつと言えば「トッポッキ」です。慶山市場にもおいしいと有名なお店があります。お店の前にトッポッキやおでん、ティギム(てんぷら)がずらりと並んでいる「ケミブンシク」というお店です。

「ケミブンシク」というお店

米粉で作られたカレトク(餅の種類)と大きめにぶつ切りにされたスンデがグツグツと煮込まれていました。

トッポッキとスンデ

スンデを含めてトッポッキ1人前を注文しました。(1人前2,500ウォン)

食べやすい大きさに切ってくれます

ソースをたっぷりとつけて食べましょう

普段食べるトッポッキよりもモチモチとしていて、米粉で作られているので中身がしっかりと入っていて密度が高く、食べ応えがありました。お店の方が「添加物の入っていないもので体にも良いから食べてごらん」とサービスでおでんも入れてくれました。おでんもトッポッキの甘辛いソースに煮込まれてとてもおいしかったです。今回は1人前しか注文しませんでしたが、食事をしていなかったらもっと食べたくなる味でした。

ケミ食堂(개미분식)
住所:慶尚北道 慶山市 中方洞 慶山市場内(경상북도 경산시 중방동 경산시장 내)
電話番号:054-811-2729
ボリパブにトッポッキともうこれ以上食べきれない!と思いながら市場の入り口に向かっていると甘い香りが鼻を誘ってきました。冬の屋台グルメの王道であるホットクです。おなかがいっぱいにも関わらず、値段を見ると1枚700ウォンという格安の値段!迷わず注文してしまいました。

ひとつひとつ手作り

バターではなく油をしいて丸くしたたねを鉄板の上において上から平たくつぶします。火が通るとプクプクとふくれて大きくなります。たねの大きさが最初から大きいのか、普段ソウルで見るホットクよりも1.5倍ほど大きく見えました。

ホットクを作っている様子

中まで火が通って焼けるまで少しの辛抱です。さらにぷくぷくと膨らんできつね色にこんがりと焼けたらできあがり!

できたてのホットク

できたてのホットクは中のみつが熱いので食べる時はやけどに注意です。油っぽくなくてさっぱりと焼けあがったホットク。大きさも値段もソウルで食べるのとは格段の違い!お腹いっぱいでも700ウォンでこの大きさなら食べる価値ありです。

ホットクのお店
場所:慶山市場の入り口付近の露店
ホットクを食べ終わると、もう本当にこれ以上は無理だ!というくらいお腹いっぱいになりました。結局のところ、ボリパブ1人前5,000ウォン+トッポッキ1人前2,500ウォン+ホットク1枚700ウォンで合計は8,200ウォン!食事(ボリパブ)からデザート2種類(トッポッキとホットク)まで食べてたったの8,200ウォン!10,000ウォンでおつりまできて、市場のおいしいグルメをなかいっぱい食べられるなんて「幸せ」の一言です。慶山市場に行ったらぜひおいしい市場グルメを堪能してください。

慶山市場(경산시장)
住所:慶尚北道 慶山市 中方洞(경상북도 경산시 중방동)
アクセス①KORAIL慶山駅から990番バスに乗車して「慶山市場」停留所で下車、所要時間約15分
アクセス②大邱から出発の場合:地下鉄2号線「サウォル(사월)駅」2番出口から909番または990番バスに乗車して「慶山市場」停留所で下車、所要時間約25分

取材日:2016年4月17日(日)
2016年 慶尚北道旅行リポーター 田口知枝