HOME 旅行情報 > 宿泊 > テンプルステイ

テンプルステイ

全体 : 12

大乗寺テンプルステイ (대승사템플스테이)

聞慶市 -テンプルステイ

大乗寺テンプルステイ (대승사템플스테이)

大乗寺は禅風(参禅する僧侶の独自の修行方法)をもたらした求道者の道場である。日帝強占期から解放以降の暗鬱な時代の中でも性徹、青潭住職が泊まって韓国仏教の禅風の流行りを巻き起こしたところである。宝物第575号の大乗寺木刻幀附と金字華厳経などが保存されており、特に般若庵は己和(朝鮮初期の僧侶)が金剛般若経五家解說誼(1415年)を詠んだところで有名である。

仏国寺テンプルステイ(불국사템플스테이)

慶州市 -テンプルステイ

仏国寺テンプルステイ(불국사템플스테이)

仏国寺は石窟庵と同じ時期の751年、新羅景徳王の時代に、宰相であった金大城が創建し、774年の新羅恵恭王の時代に完工した。仏国寺には釈迦塔と多宝塔、そして石窟庵をはじめたくさんの国宝と宝物があり、毎年数百万人が仏国寺を訪れて1,700年の韓国仏教の歴史と文化をほめたたえている。

骨窟寺テンプルステイ(골굴사템플스테이)

慶州市 -テンプルステイ

骨窟寺テンプルステイ(골굴사템플스테이)

含月山の麓にある骨窟庵には、高さ数十メートルの巨大な石灰岩に12の石窟があり、岸壁の一番高い所には浮彫りにされた磨崖如来仏像がある。法堂窟は、洞窟の前面は壁を作って瓦を乗せ家のように見えるが、中に入ると天上も壁もすべて石でできた石窟である。厨子を作って仏を祀ったが、摩滅がひどく顔の表情は知る術がない。法堂窟と他の洞窟は人一人がやっと入れるようなものから、数人が入っても余裕のある大きなものまで大きさ

祗林寺テンプルステイ(기림사템플스테이)

慶州市 -テンプルステイ

祗林寺テンプルステイ(기림사템플스테이)

俗称虎岩谷の奥深く、含月山の東にある祈林寺は1,300年近い年月の間民族と喜怒哀楽を共にしてきた。朝鮮時代には31 の本山の一つとして仏国寺をはじめとした60余りの末寺を監理した大きな寺院でもある。

鳳停寺テンプルステイ(봉정사템플스테이)

安東市 -テンプルステイ

鳳停寺テンプルステイ(봉정사템플스테이)

新羅文武王12年(672)に義湘大師の弟子である能仁和尚が建てた寺院である。鳳凰を折って飛ばすとここに来て木に止まったため、鳳凰の鳳の字にとどまる停の字をとって鳳停寺と命名した。韓国の木造建築物の中で最も古い国宝第15号の極楽殿がある。

桃李寺テンプルステイ(도리사템플스테이)

亀尾市 -テンプルステイ

桃李寺テンプルステイ(도리사템플스테이)

松の香りいっぱいの山寺で体験する瞑想の旅

直指寺テンプルステイ(직지사템플스테이)

金泉市 -テンプルステイ

直指寺テンプルステイ(직지사템플스테이)

韓国のテンプルステイ第1号。直指寺のテンプルステイは「私の心の小さな休符」や「金泉直指ナイトツアー」を運営している。

禅石寺テンプルステイ(선석사템플스테이)

星州郡 -テンプルステイ

禅石寺テンプルステイ(선석사템플스테이)

新羅末期に義湘大師が華厳10寺院の1院として創建したと伝われている。最初は神光寺と名づけたが、基礎工事をしているところ、木を切って草を刈ったら家のように大きい岩があって運ぼうとしても動かなかったが、大師が3日間断食しながら祈りをしたら岩が消えたという。

深源寺テンプルステイ(심원사템플스테이)

星州郡 -テンプルステイ

深源寺テンプルステイ(심원사템플스테이)

国立公園伽倻山の一隅に位置している千年古刹の深源寺は大雄殿、極楽殿、薬師殿の三法堂を備えて観音殿、文殊殿など様々な殿閣を持つ歴史の深い寺院である。

慈悲禅寺テンプルステイ(자비선사템플스테이)

星州郡 -テンプルステイ

慈悲禅寺テンプルステイ(자비선사템플스테이)

日常に疲れた心を和ませてくれるところ。緊張と葛藤に疲れた体を癒してくれるところ。慈悲禅寺テンプルステイでは心身を安らかにし、瞑想の時間を通して自分自身を見つめなおす旅を経験します。 

装陸寺テンプルステイ(장육사템플스테이)

盈徳郡 -テンプルステイ

装陸寺テンプルステイ(장육사템플스테이)

装陸寺は高麗の恭愍王在位(1351~1374)のときに懶翁王師が1355年に建てた寺院である。境内には大雄殿(慶尚北道有形文化財第138号)、観音殿、山霊閣、梵鐘閣、紅蓮庵、瀰瑜庵、興遠楼、六和堂、探真堂、懶翁堂、三輪堂、一柱門などがある。

銀海寺テンプルステイ(은해사템플스테이)

永川市 -テンプルステイ

銀海寺テンプルステイ(은해사템플스테이)

千年の古刹、銀海寺では自分探しの旅をテーマに、静かな山での生活を経験するテンプルステイを運営している。瞑想と座禅から礼仏と供養まで、心と体を清め、自分の中にいる真の自分を振り返る貴重な経験ができる。